仮想OSを実行できるフリーソフト『VMware Player』


先日
『Windows 8』の 無料ダウンロードが
可能になりました!

そこで!!
Windows上 で 仮想OSを実行できる
無料ソフト『VMware Player』の説明です。

仮想OSというのは、Windows上で、 仮想のOSを作り、
その中で別のOS(Linux、windows8等)をインストールして実行するものです。

いきなり リスキー背負ってOSを導入するのも良いんですが、
仮想OSで試しに使うのがオススメです。
 

——————————————————————————– 

こんばんわ。『るい☆』です。

先日、『『Windows 8』開発者向けプレビュー版の無料ダウンロードが可能!』
になりました。…という事で、

『VMware Player』を使えば、手軽にWindows上で『Windows 8』を
起動できます。

 『仮想マシン』を入れておけば様々なテスト環境に使ったり、
OSを入れてプログラムの開発を行ったりする事ができます。

私は、いつもお世話になっています。

※ 『windows8』はこちらからダウンロード
『日本語32bit版』 と 『日本語64bit版』があるので
よく見てダウンロードしてください。

次回 『windows8』の導入等を書きます。
 

『VMware Player』のインストール方法!

1 『VMware Player』のインストール

 『VMware Playerのダウンロードページ』にアクセスして、
名前とメールアドレスを入力して『続行』をクリックします。


 

2 『I agree to the terms conditions outlined in the End User license Agreement』にチェックを入れて『登録』を押します。



 

3 アクティベーションの『メール』が送信されるので、メールを確認します。



 

4 メールに記載されている『評価版のアクティベーション』を押します。


 

5 ダウンロードページに飛ばされるので、
『VMware Player」をダウンロードします。

※ XPmodeを使おうとしている人はVMware Player3.1をダウンロードして下さい。
VMware Player4だと
「Windows XP Mode仮想マシンのインポート」が正しくできません。
『Windows XP Mode仮想マシンのインポート』が終わった後に
4にバージョンアップしても大丈夫です。

 

6 ダウンロードした『setup.exe』をダブルクリックして起動させます。


 

7 『次へ』を押します。



 

8 インストール先を決めて、『次へ』を押します。



 

9 ショートカットを作るか聞かれるので、チェックはそのままで
『次へ』を押します。



 

10 『続行』を押します。


 

11 インストールが開始されるので、インストールが終わるまで
しばらく待ちます。



 

12 これでインストールは終了です。『今すぐ再起動』を押して再起動します。



 

『VMware Player』の起動!

 

1 使用許諾規約の条項に同意

『VMware Player』を起動すると使用許諾規約が表示されるので、
『使用許諾規約の条項に同意します』を選択して『OK』を押します。



 

2 起動画面

普段は、この画面から起動します。
あとは新規仮想マシンの作成から仮想マシンの作成を行う事が出来ます。
OSを持っていない人は
とりあえず無料で手に入る『ubuntu』を入れてみればいいと思い ます。

『Windows8』も無料配布されていますので。こちらもどうぞ。
快適さは、使っているマシンスペックに影響されますが、
普通に使う事ができます。
 

筆者の感想

かなりメジャーなソフトウェアの紹介でした。
なぜこんな記事を書いたのかというと、次回の『VMware Player』で
『Windows8』を インストールしよう!という記事のためでした。

『VMware Player』のイン ストールから書くと非常に長くなってしまうので、
VMware Playerのインストール編と『Windows8』の導入編に分けて
2つの記事にしました。

『VMware Player』自体は使う人は頻繁に使っていると思いますけど、
一般人にはあんまり縁のないソフトかもしれないですね。

使うと非常に便利なソフトウェアですのでぜひ興味のある人は 、
入れてみてはいかがでしょうか?  

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年4月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ソフトウェア

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ