『VMware Player』で『Windows8』をインストールしよう!


本日、公開されたWindows 8のCP版は登録等も必要なく
無料でダウンロードして使うが出来ます。

そこで今回紹介するのはwindows OSである
Windows 8のCPを『VMware Player』で
windows上にインストールする方法です。

もちろん標準で日本語に対応しております。

しかしながら、実機に導入するのはリスキーですし面倒なので、
今回はVMware Player上に仮想環境で導入してみたいと思います。
『Windows 8』 を試してみたい方は、是非この方法で導入する事をお勧めします。
  

————————————————————————-
 
おはようございます。『るい☆』です^^

先日、Windows 8のConsumer Preview版が公開されました。
さっそく私も仮想OSで windows8の実体験をしました^^

少し使った感想としては
windows8は、タッチパネル端末向きでは良いと思います。
しかし、デスクトップPCではMetroはむしろ使い勝手が悪い気がします。
でも、新しいもの好きとしては色々面白いので、是非みなさんも弄ってみてください。

では、さっそく仮想OSの導入方法について丁寧に説明します^^

————————————————————————-

システム要件

Windows 8 CP は、Windows Vista と Windows 7 が
動作するのと同じハードウェアで問題なく動作します。

プロセッサ: 1 GHz 以上
RAM: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
HDDの空き領域: 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット)
グラフィックカード: Microsoft DirectX 9 以上のグラフィックス デバイス

特定の機能を使用するための追加要件:
タッチを使う場合は、マルチタッチに対応しているタブレットまたはモニター

Windows Store にアクセスし、アプリをダウンロードして実行する場合は
アクティブなインターネット接続と 1024 x 768 以上の画面解像度。
アプリをスナップする場合は、1366 x 768 以上の画面解像度

 

VMware Playerに『Windows 8 Consumer Preview』を入れる方法!

1 Windows 8 Consumer Preview ISO formatsからWindows 8 Consumer Preview 64-bit Japanese (x64)をダウンロードして
プロダクトキーをコピーします。

2 VMware Playerを起動し、『新規仮想マシンの作成』を選択します。VMware Playerをインストールしていない人は
以下の記事を参考にVMware Playerを導入してください。

→仮想マシンを実行できるフリーソフト『VMware Player』を使おう!

3 インストーラディスクイメージファイルに
先ほどダウンロードしたisoファイルを選択します。

4 Microsoft Windowsにチェックを入れて、
バージョンは『Windows 7 x64』を選択します。

5 ここの項目は空白で『次へ』を押します。

6 『はい』を押して次へ進みます。

7 仮想マシン名を入力して、仮想マシンを置く場所を決定します。
その後、『次へ』をクリックします。

8 仮想マシンのディスクの最大サイズを指定して、『次へ』を押します。

9 『ハードウェアをカスタマイズ』をクリックします。

10 続いて仮想マシンの設定ですが、Windows8は64bitの場合は
2GB以上がシステム要件になっているので、 2GB以上に設定します。
今回はメモリがたくさん搭載しているマシンなので
仮想マシンには4GBに設定しました。

11 続いてプロセッサコアの割り振りを行います。
4コアに設定しておけば十分です。その後『閉じる』を押します。

12 『完了』をクリックします。

※ ワイヤレス機器などのデバイスについて出る時もあります。
 『次回から このヒントを表示しない』で進んで下さい。

13 これでWindows 8のインストールが開始されます。

14 『セットアップを始めています』と表示されるのでちょっと待ちます。
しばらくすると『無人応答ファイルから
<ProductKey> 設定を読み取れません。』と表示されるので
上にある『仮想マシン』→『パワー』→『パワーオフ』を押して
『はい』をクリックして一旦Windows8を閉じます。

※『無人応答ファイルから 設定を読み取れません。』の表示がなかった場合は22まで説明を飛ばしてください。
英語版の場合は、
『Windows cannot read the <ProductKey> setting from the unattend answer file.』と表示されます。

15 Windows 8 CPの『仮想マシン設定の編集』を押します。

16 ハードウェアのフロッピーを選択して『削除』を押し、
『OK』を押して閉じます。

21 その後、Windows 8 CPを再度起動します。

22 日本語が指定されているので、そのまま『次へ』を押します。

23 『今すぐインストール』をクリックしてインストールを開始します。

24 先ほどWindows8 ISOファイルをダウンロードした際に
コピーしておいたプロダクトキーを入力します。

25 『同意します』にチェックを入れて『Next』を押します。

26 『カスタム設定』を選択します。

27 『ドライブ0の割り当てられていない領域』を選択して
『次へ』を押します。

28 インストールが終わるまでしばらく待ちます。

29 この画面が出ると自動的に再起動します。

30 インストール終了後はパソコンの設定を行います。
まずはパソコンの名前を入力します。

31 『簡単設定を使う』を押します。

32 『メールアドレスを作成』をクリックしてアドレスを作成します

33 好きなメールアドレス等を入力し『次へ』をクリックします。

34 携帯電話メールアドレス等を入力して『次へ』をクリックします。
その次の画面も入力して『次へ』をクリックします。

35 『Windowsの準備をしています』と表示されるのでしばらく待ちます。

36  これでインストール完了です。

続いて『VMware Tools』を導入します。
『VMware Tools』を導入することで仮想マシンとメインマシンとの移動
ファイルの転送が容易になったり、画面サイズの変更ができるようになる等
非常に便利になるので真っ先に導入しましょう。

 

『VMware Tools』の導入方法!

1 『ツールのインストール』が下に表示されるのでクリックして起動します。

すると右上に『DVDドライブ(D:)VMware Tools』と表示されるので
クリックします。

2 『setup64.exeの実行』をクリックして起動します。

4 『VMware Tools』のインストールが始まるので『次へ』をクリックします。

5 『標準』を選択して『次へ』を押します。

6 『インストール』を押します。

7 インストールが終了するまでしばらく待ちます。

8 『はい』をクリックして、
これで『VMware Tools』のインストールは終了です。

 

『Windows 8 Consumer Preview』のレビュー

起動するとMetro Styleになります。これがWindow8ではデフォルト状態です。

『デスクトップ』をクリックするとWindow7でおなじみの
デスクトップ画面が表示されます。Consumer Previewからは魚が表示されて
水槽のようなデザインになりました。

新しくなったエクスプローラーのUIです。Developer PreviewではWordやExcelのようなリボンが標準搭載されて ごちゃごちゃしていましたが、
Consumer Previewでは、すっきりしたデザインになりました。

スタートボタンの代わりのように
新しく右側にコントロール画面が追加されました。

設定にあるシャットダウンからPCを落とすことができます。

今まであまり変化のなかったタスクマネージャーですが、Windows8から大きくデザインに変化が加わりました。
今までより、今風のデザインでシンプルな表示になり見やすくなりました。

表示画面もシンプルです。

Windows8からは標準でInternet Explore10が搭載されています。
IE10ではCSSドラえもんが正しく表示できます。
IEもやっとまともに表示されるようになり、製作者としてはうれしい限りです。

 

個人的な感想

高速で、実機ならそれ以上に早いのではないかと思われます。
windows7 から windows8 に変わって マイクロソフトのOSとは思えないほど変化がありますねーー

使い勝手としては『windows8』は、タッチパネル端末向けだと思います。
なので、デスクトップPCは『Metro』メニューで 使い勝手が悪い感じです。
でも、新しいもの好きとしては弄る価値はありでした!!w

まあwindows8は 機動性重視の仕様かもしれません。。。

それにしてもスクリーンショットの数が多すぎて 
すごく… 苦労しましたね・・・。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年4月7日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:ソフトウェア

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. るい☆ より:

    非常に長くなりましたが、コメントお願いします(。´-ω・)


るい☆ にコメントする

このページの先頭へ