超高性能な音声編集ソフト『SoundEngine Free』


『SoundEngine Free』は、無料ソフトとは思えない程
快適な動作と豊富な音声編集機能が付いています。

アナログ音源の取り込みや曲全体の
平均ボリュームレベルを検出し、自動的に
ボリュームレベルを調整する事も可能です。

故に30種類もの音響効果(エフェクター)が
初期設定のままで 利用できます。
これ一本でも足りるほど高性能な音声・音楽ファイル編集ソフト。
  
  
愛用品の音声編集ソフトです。
筆者も、これ一本で ほとんどの音声ファイルを編集してます。


 
———————————————————————————————————
   
   
おはようございます。『るい☆』です^^
先日、こえ部の音声の編集を依頼を受けました。

そこで『SoundEngine Free』でエコーなどの削除をして
綺麗に編集しました^^

使い方も簡単なので是非使ってみてください!
このソフトはWAVファイルしか編集出来ないが
音声の編集に関しては超高性能です。
故に30種類もの音響効果(エフェクター)が初期設定のままで利用できます。

———————————————————————————————————
 

SoundEngine Free 4.60

良い点

・波形画面を使って編集が簡単に出来る
・約30種類の音響効果(エフェクター)が利用できる
・面倒な調整をせずに音響効果を利用できる
 

惜しい点

・ファイル出力はWAVE形式のみである。
MP3等の他のファイル形式への変換機能がない。

※ 筆者は、wave形式でしか対応してない欠点を
MP3、AAC(m4a) で読み込み出来るようにしました。こちらで公開しいます。
 

さっそく導入しよう

(1)まずはダウンロード

配布サイト
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/soundedit/soundengine.html
直接ダウンロードは こちら

(2)『Download』をクリック。デスクトップ等に保存してください。

 

さっそくインストールしよう

(1)ダウンロードしたインストーラを『ダブルクリック』して
実行を押して下さい。

(2)『次へ』をクリックします。

(3)『次へ』をクリックします。

(4)『スターとメニュー』と『デスクトップ』にチェックを入れ
   『次へ』をクリックします。

(5)ツールバーは必要ないので全てチェックを外してください。
   『次へ』をクリックして先に進みましょう。

(6)この画面が表示されたらインストール終了です。

 

さっそく使用しよう!

(1)インストールしたアイコンをダブルクリックで起動します。

(2)これが音声編集画面です。

(3)さっそく音声ファイルを編集します。
好きなファイルをドラッグして反転表示させて
音声編集画面に『ドロップ』して下さい。

(4)このような感じに出ます
再生ボタンをクリックすると再生されます。
見てのとおり音量が小さいので大きくしましょう。
MP3ファイルは基本対応していないので 
こちら
 を参考にして導入して下さい。

(5)音量(D)クリックし 『ボリューム(音量調整)(V)』をクリックしましょう。

(6)『音量』のボタンをマウスでクリックしながら音量を上げます。
   『OK』をクリックしたら音量が上がります。
   (例では 24.0dBにしました。)

(7)『ファイル』ー『名前を付けて保存』で 保存して完了です。

 

注意すべき点

なるべく音質を下げたくないという場合には
保存時はこれまで同様 WAV形式 で保存するようにしましょう。

この方法で開いた MP3 や AAC(m4a) のファイルは
WAVE に変換(デコード)され 『SoundEngine』 に読み込まれています。
そのため、編集したファイルを再び MP3 や AAC で保存すると
再び変換(エンコード)が行われる事になります。

つまり、
MP3(AAC) → WAV → MP3(AAC) という変換を行なっているため
この作業を繰り返していると音質はどんどん劣化していきます。
(エンコードをする度に音質が悪くなる)

また64bit 版 Windows を使っている方で
上記手順では上手く行かなかったという場合は
ファイルをダウンロードする際に
64bit 版のものを使ってみてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年4月8日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:MP3・音楽

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ